スポーツ時の水分補給の量

スポーツを行う時の水分補給の量ですが、飲むタイミングも重要です。スポーツ後に汗をかいて体内の水分が減ると、血液からも水分がなくなり、粘度が高くなります。脱水症状で身体が乾燥すると、パフォーマンスが落ちます。汗をかいたタイミングで、水分を補給するのがよいでしょう。水分補給の量としては、1回につき200ml程度を何回かに分けて飲むようにしてください。たくさん飲んだからといって、身体にすぐ吸収されるわけではありません。一度にたくさんの水分を飲むと、試合中にお腹が痛くなったり、体がだるくなってしまうことがあります。

適切な水分補給方法とは

スポーツを趣味とされている方ならば当然ご存知なはずの、大切な注意点である水分補給ですが、飲むものや飲み方にも気を配った方がいいとされています。激しいスポーツをされて体温が上昇すると、すごく冷たく冷やした飲み物が美味しく感じられますが、水分や胃の中のものが消化され空っぽになった内臓には実は冷たい飲み物というのは負担がかかるんです。内臓の急激の冷えは腹痛を起こしかねませんし、体を冷やす恐れがあります。常温のものか冷やしても11度から15度ほどのものを飲むようにしてください。また飲むものに関してですが、一時期塩分補給も重要とされしょっぱい飲み物を、ともいわれていましたが発汗によって失われる塩分はごくごく少量ですのであまり塩分の濃い物をのむとそれはそれで別の病気の原因になりますのおで注意が必要です。

↑PAGE TOP