スポーツ中に水分補給をする

そもそも人間の体は、水分が約60%占めているといわれています。スポーツをすればその分汗が出ていくため、体中の水分が失われてしまいます。体の水分が失われると体の動きが鈍くなったり、場合によっては脱水症状を起こす場合があります。スポーツ中の水分補給のメリットは、こういった身体のパフォーマンスを適度な状態に保つことと脱水症状の予防という点にあります。また水分補給の適切のタイミングとしては、前提に喉が渇く前に飲むということが最も大切です。また脱水症状の予防としては、水と同時に適度な塩分も補給しておくことも大切なポイントです。

水分補給の重要性について

スポーツをして汗だくになっても、昔は水分補給をさせないトレーニングというものが主流でしたが、今ではその危険性が指摘され、やはり水分は摂取したほうがいいといわれています。脱水症状や体に熱がこもる熱中症の他にも、体内の水分が失われると次第に体がうまく動かせなくなり、次第に意識も朦朧としてきます。そうするともうスポーツどころではなく生命の危機レベルの話ですので適切に水分を摂取したほうがいいです。ちなみに体の水分が失われると身体機能に影響がでだすのはわずか一パーセントからだそうで、たったそれだけの水が失われるとすぐに活動に支障をきたします。

新着情報

↑PAGE TOP